大会情報

【真皇杯】本戦出場選手にインタビュー!【関西地区予選1】


こんにちは!今回は第5回真皇杯、関西地区予選1で本戦出場を果たした4名の方にお話しを伺いました。

9月22日に開催を控えた真皇杯本戦に向けてぜひ臨場感を味わっていただければと思います!

前回の記事はこちら!

関西地区予選1結果

優勝 zenoha選手 Twitter【@zenoha0477
準優勝 プシー選手 Twitter【@psi_2111
3位 ちくび選手 Twitter【@Morikubo_gen
4位 ダイスケ選手 Twitter【@DaisukeM84
5位 Uru選手 Twitter【@uru_men
5位 いっき選手 Twitter【@ikki_pokespl
5位 あきなし選手 Twitter【@AkinashiK
5位 いろはす選手 Twitter【@irohas_poke

参加者 185名

詳細はこちら!【真皇杯公式】

関西地区予選①優勝 zenoha選手

優勝 zenoha選手 Twitter【@zenoha0477

構築

詳細情報

インタビュー

ーポケモンのプレイ歴について。レート等の実績等についてお聞かせください。

初めてプレイしたのは5歳頃でお父さんにプラチナのソフトを買ってもらいました。7世代からガチ対戦というものを知り、そこから対戦を始めました。対戦を始めてからは、毎日のようにポケモンをしてただ楽しんでいたのですが、その中で少しずつ実力がついていったと思います。

 

ーポケモン対戦へのモチベーションをどのように維持していますか?

負け越したりしてモチベーションが下がっているときは動画をみたり受験勉強したりして気持ちをリセットすることでモチベーションを保っています。

 

ー当日はどのような気持ちで大会に臨みましたか?

強者が沢山集まる場だと思っていたので自分自身を試すことと上手い人のプレイングを見て学べることがあればと思っていました。

 

ー対戦中、心がけていることはありますか?

迷った時は強気に行動することです。弱気な行動をして後悔するより強気に動いてダメだったときのほうがお相手が上手かったと割り切れるからです。

 

ー予選中、印象に残った試合はありますか?

決勝トーナメントのベスト8を決める「もとみやさん」との試合です。普段から良く通話をしたりする仲でお互いが構築をある程度知っていながらの対戦だったので普通の対戦とは違った緊張感があり印象に残っています。

 

ー本戦出場を決めた構築はどのくらい練習しましたか?

2シーズンほど前からレートでよく使っていた構築でした。合計でいえばこの構築で1000戦ぐらいしていたのでかなり使いなれた構築になっていたと思います

 

ーMVPポケモンを教えてください。

予選からほぼ毎試合選出してそれぞれの試合である程度活躍してくれた「マンムー」です

 

ー公開される構築について解説をお願いします。

全員がエースとなりうる性能を持っているのでこの試合では誰を通すかそのために周りでどう削っていくかということが大切になる構築だと思います。

 

ーその他、自己PRがあれば教えてください!

本戦出場プレイヤーのなかで最年少の自信がありますw

 

ー本戦への意気込みをお願いします。

せっかく本戦へ出場できるので精一杯頑張ります!!

関西地区予選①準優勝 プシー選手

準優勝 プシー選手 Twitter【@psi_2111

構築

MVPポケモンはリザードンとのこと。

詳細情報

参考

【構築記事】リザコケコ【第5回真皇杯関西①準優勝構築】

インタビュー

ーポケモンのプレイ歴について。レート等の実績等についてお聞かせください。

プレイ歴:4世代から
レート実績:6世代最高レート2137

ーポケモン対戦へのモチベーションをどのように維持していますか?

勝ち方を考えたり、大会へ参加したり、変則的なルールでの勝ち方を考えたりしてポケモンを通して想像を現実化されることを楽しんでます。

 

ー当日はどのような気持ちで大会に臨みましたか?

本戦出場したいという気持ちと大阪旅行楽しみという気持ちで臨みました。

 

ー対戦中、心がけていることはありますか?

自分の負けを引き延ばすようにプレイしてます。

 

ー予選中、印象に残った試合はありますか?

決勝トーナメント二回戦の紅茶ラテさんとの試合です。
りゅうのはどう持ちのリザードンYvsニョロトノ+キングドラ+カミツルギの天候の取り合いによる駆け引きがとても白熱しました。

 

ー決勝戦はどのような心持ちで臨まれましたか?

せっかくなので見ている人達が楽しめるようにプレイしようと臨みました。ただ試合が始まると勝つことに必死でした。

 

ー最終戦での見どころ、思考について解説お願いします。

見どころは何と言っても最後のギャラドスでしょう。事前のギルガルドのわざわざ連続でキングシールドを打って次にメガギャラドスを出すためにエレキフィールドのターンを消費したかのような演出。初手襷、2匹目にZストーン(?)、最後に能力変化技もちのメガポケモンとオーソドックスに見える選出。そこから飛び出るギャラドスがまさかメガ進化せずにカプ・コケコの前で龍の舞をするとは思わないでしょう。

 

ー本戦出場を決めた構築はどのくらい練習しましたか?

試合回数で言えばレーティングバトル100戦から200戦くらいです。試合回数が少ないオフ用に技を2つ変更してぶっつけ本番です。

 

ー公開される構築について解説をお願いします。

カプ・コケコのデンキZで数的有利を取ることをコンセプトとしています。基本選出は初手リザードン二番手カプ・コケコです。デンキZの活躍が見込めない時や天候を変化させるポケモンがいた時は初手でスイクンを出します。
ランドロスの岩石封じ耐えのリザードンで相手の地面タイプのポケモンを削ったり、デンキZを打つタイミングを見計らう身代わりなどで有利に進めます。

 

ー本戦への意気込みをお願いします。

プレイングもダメダメで本戦出場が目的だったので志も参加者の中で底辺ですが、構築を組むことだけは得意なので自慢の構築で頑張ります。

自己PR

画像認識技術とロボットアームが連動した自動3DS操作対戦システムに3Dモデルを組み合わせた中の人がいないバーチャルユーチューバー“ダメージ計算CPUのシープイユー”を製作中です。8世代でお会いしましょう。

関西地区予選①3位 ちくび選手

3位 ちくび選手 Twitter【@Morikubo_gen

構築

詳細情報

インタビュー

ーポケモンのプレイ歴について。レート等の実績等についてお聞かせください。

ポケモン自体は小学生の時のDPから遊んでいて、レートをやり始めたのは2年前のUSUMからですね。
2シーズン程前に初めてレート2000を達成できました!!

ーポケモン対戦へのモチベーションをどのように維持していますか?

ポケモン対戦なんてやりたい時にやれば良いと思ってるのでモチベ維持とかはあまり無いですね…
レート最終日はツイッターのレート報告を見てやる気をだしてます🔥

 

ー当日はどのような気持ちで大会に臨みましたか?

同じブロックの知り合いには絶対勝つ(負けました)

 

ー対戦中、心がけていることはありますか?

じっくり考える事です。
なんとなくですぐ技を選ぶ癖があるのでオフとかでは特に意識しています

 

ー予選中、印象に残った試合はありますか?

本戦出場をかけた試合です。
自分メタグロスと炎ロトムvs相手の方カビゴンとモロバレルで20ターン程も交代戦をしていました笑
1回でも選択を間違えれば負ける試合だったので、勝てたのがとても嬉しかったです!

 

ー三位決定戦はどのような心持ちで臨まれましたか?

大画面にちくびを写せる!!
(名前がちくびなんです)

 

ー最終戦での見どころ、思考について解説お願いします。

オニシズクモの強さですね〜
サンダーを一撃で吹っ飛ばしたのは正直驚きました笑
環境に多いゲッコウガにも強めなのでもっと使われてもいいポケモンだと思います😤

ー本戦出場を決めた構築はどのくらい練習しましたか?

構築は予選当日の5時に完成したのでほとんど回せなかったです笑

 

ーMVPポケモンを教えてください。

炎ロトムですね🔥
ほぼ全試合で出しました
炎電気で地面無効はやっぱ強い

 

ー公開される構築について解説をお願いします。

よくあるヒトムグロスレヒレの並びなんですが、オニシズクモは珍しいと思います。2体目のカプレヒレとして採用しましたが、レヒレ以上の火力と対ゲッコウガ性能もあって上手に機能してくれました。
デメリットとしてナットレイが重いです😭

ーその他、自己PRなどありますか?

トレーナーネーム問題があるようならば変更します

関西地区予選①4位 ダイスケ選手

4位 ダイスケ選手 Twitter【@DaisukeM84

構築

MVPポケモンはドリュウズとのこと。

詳細情報

インタビュー

ーポケモンのプレイ歴について。レート等の実績等についてお聞かせください。

レートはXY以降、毎シーズンもぐっています。ORAS、USMでレート2100達成。

 

ーオフの出場歴について。どのくらいの頻度で出ていますか?

マルチや特殊ルールのオフにはよく出ています。シングルは今は真皇杯くらいです。

ーポケモン対戦へのモチベーションをどのように維持していますか?

レートに関しては、細く長く。
あとはポケモンを介して友達を作る事でモチベーションがわくことが多いです。

 

ー当日はどのような気持ちで大会に臨みましたか?

ベスト4まで行くという気持ちを持ちながら

 

ー対戦中、心がけていることはありますか?

勝つためにできることをすると決めること。相手の気持ちを考えること。

 

ー予選中、印象に残った試合はありますか?

準々決勝のあきなしさん戦。シーソーゲームのスリルがあった

 

ー最終戦での見どころ、思考について解説お願いします。

初手はメタグロスをみるためにアシレーヌを選出した。相手の初手はヒートロトムだったので、電気無効のドリュウズに交換し、交換読みでがんせきふうじをうった。出てきたランドロスはとんぼがえり読みでつのドリルを選択した。しかし、じしんでHP1まで削られたため、がんせきふうじをうって裏のアシレーヌにつないだ。もう一体がメタグロスではないかと思ったため、うたかたのアリアを選択。交換でできたオニシズクモにはあまりダメージが入らないが、ミラーコート警戒でもう一度うたかたのアリアを選択。相手のアクアブレイクでアシレーヌのHPが半分以上削れてしまったため、パーティを回すためサンダーに交換するが、オニシズクモのアクアブレイクに一撃で倒されてしまい、勝ちの目を失った。
サンダーのHPが残っていれば、10まんボルトやおいかぜで形勢逆転を狙えたかもしれない。

 

ー公開される構築について解説をお願いします。

アシレーヌが使いたくてつくった構築です。
詳しいことは構築記事をご覧ください。

 

ー既に本戦出場権を獲得しているプレイヤーで、注目している人はいますか?

よにいちさん

 

ー本戦への意気込みをお願いします。

勝ちます!

おわりに

今回は関西地区予選1から本戦への切符を手にした方々にインタビューを行っていきました。

特徴のある構築を使う人のドラマが見れたのではないでしょうか。

改めましてZenoha選手、プシー選手、ちくび選手、ダイスケ選手、本当におめでとうございます!

現在掲載している歴代真皇インタビューや総主催が語る真皇杯の魅力は大会情報タグよりご覧いただけます!

ここまでご覧くださりありがとうございました!

ここまでご覧くださりありがとうございました!