育成論・対策

メガボーマンダ入りの構築|対策や構築作りのお供に!


こんにちは!みなさんはレーティングバトルでメガボーマンダに困ってはいませんか?

今回はメガボーマンダの取り巻きと型の情報、参考記事をまとめて紹介します。

下の記事と合わせてぜひ対策のお供に使用してください!

メガボーマンダの種族値,概要

メガボーマンダ

Datei:PGL-Artwork Mega-Brutalanda.png

タイプ:ドラゴン/ひこう
特性:いかく(じしんかじょう)⇒スカイスキン

・種族値(メガ進化後)

高種族値と優秀なタイプ、メガ進化前の特性:いかくも相まって一撃で倒すことが難しいです。常に使用率上位を維持する最上級のスペックを持ったメガ進化ポケモンです。能力上昇の手段を持っていて、複数のポケモンで負担を軽減しながら対策することが難しいです。

物理型

確定技:おんがえし(やつあたり)orすてみタックル/りゅうのまいorどくどく/はねやすめ/
選択技:じしん>みがわり>いわなだれ/炎技

「りゅうのまい」と「はねやすめ」でサイクルも積んで一気に倒す2つの戦法が可能。高種族値ゆえ、多少タイプ相性が不利な相手でも押し切ることが出来ます。基本的に物理型を想定して動かれるので相手の対策を出し抜く必要があります。

特殊型

確定技:ハイパーボイス/かえんほうしゃorだいもんじ
選択技:りゅうせいぐん/みがわり/はねやすめ/はかいこうせん/じしん/どくどく

物理型よりもサイクルに特化した型です。じめんタイプ、はがねタイプなど明確に対策したい相手がいるときに採用されます。物理型に強いポケモンに特殊型のボーマンダが強いです。技範囲が狭いため崩せないポケモンが一気に増えます。

両刀型

確定技:おんがえし(やつあたり)orすてみタックル/だいもんじorかえんほうしゃ/じしん/りゅうせいぐん

「りゅうせいぐん」を採用した範囲の広さと意表を付ける点が魅力です。特殊型同様、物理型に強いポケモンに有利です。耐久力を下げてしまうため有利な対面を作れないと活躍は難しいです。

メガボーマンダの入る並び

カバマンダガルド

Pokémon-Icon 450.png Pokémon-Icon 681.png

ボーマンダの中でも認知度が高い並び。
ミミッキュと電気タイプをカバルドンで、ボーマンダを受けてくるポケモンをギルガルドで対策します。ボーマンダは竜の舞搭載の物理型が主流。

詳しくはこちら!

カバマンダガルドレヒレ+カビゴンorポリゴン2

Pokémon-Icon 450.png Pokémon-Icon 681.png Pokémon-Icon 788.pngPokémon-Icon 143 3DS.pngPokémon-Icon 233.png

この5匹の内、4匹以上入っているパーティを解説します。

カバマンダガルドの派生系ですが型を読むのがとにかく困難です。カビゴンかポリゴン2がどのポケモンに対しても比較的安定したクッションになるので構築に多様性が生まれます。
両刀ボーマンダ+物理受けカバルドンや竜の舞ボーマンダ+起点作りカバルドンなど。

ギルガルドはカプ・レヒレと合わせて剣の舞Zで受けを崩しにくる型が主流。その場合Zを持てないカプ・レヒレはこだわり系アイテムや半分回復実を持ってトリックや自然の怒りで受け崩しに加担します。

ボルトロス、ウルガモス、カミツルギなどがいて受け崩しが十分である場合、ギルガルドはゴーストZや防御特化の弱点保険型にもかわります。
相手は受け構築に対してどう戦うのだろう、と推測しながら型を紐解いていくとよいでしょう。

参考記事一覧

ゲコミミマンダ

Pokémon-Icon 658.png Pokémon-Icon 778.png

きあいのタスキゲッコウガとZ技を持ったミミッキュが一般的です。あまり交換を多用しない対面的な動きになります。

ゲッコウガは気合いの襷で安全に特性の激流を発動させ確実に相手を削ります。
ゲッコウガとミミッキュが不利をとる鋼タイプを返り討ちにできるよう、ボーマンダが特殊型の場合があります。竜の舞を持った物理型の場合はミミッキュが呪いを持つことで緩和します。

使用率が高く、型も多いポケモン達なのでピンポイントで読むことは危険です。ゲッコウガは変幻自在襷型、こだわりスカーフ、火力アップアイテムも結果を出しています。この並びのミミッキュはフェアリーZが主流ですが気合いの襷やゴーストZも存在します。
共通して鋼タイプや数値受けが苦手なので、相手がどのように対策しているか考えるとよいでしょう。

参考記事一覧

ナットドランマンダ

Pokémon-Icon 598.png Pokémon-Icon 485.png

タイプ相性に特化した並びです。他のポケモンもタイプバランスに富んでいるならヒードランは耐久型、そうでないなら風船型の可能性があります。

地面タイプが辛く起点作りが難しいのでボーマンダは範囲の広い両刀型や特殊型が採用される傾向にあります。リザードンやメタグロスなどメジャーなポケモンに強い並びです。

参考記事一覧

マンマンガルド

Pokémon-Icon 473.png Pokémon-Icon 681.png

カバマンダガルドのカバルドンがマンムーになった並びですが中身や取り巻きは全く異なります。マンムーのおかげで全体的に相手のボーマンダ軸に対して強力です。

ボーマンダとマンムーはミミッキュやギャラドスが厳しいですが、そこを防御特化弱点保険型ギルガルドで対策します。ギルガルドが鋼タイプを始めとする受けポケモンに対して無力なのでボーマンダは特殊型や両刀型の採用が多いです。

ゲッコウガに強いポケモンが少ないということもあり、マンムーはきあいのタスキで一撃耐えられるような型になっています。余裕があればじめんZ型にも注意しましょう。

参考記事一覧

ドヒドグライマンダ

Pokémon-Icon 748.png Pokémon-Icon 472.png

ドヒドグライという受けの並びにおいて、サイクル面・攻撃面の2点で優秀なボーマンダは相性がいいです。

カミツルギや電気タイプ、ビビヨン、ジャローダが苦しい場合はハイパーボイス持ちの特殊型が選ばれます。

ドヒドグライ自体が多くの相手を誤魔化せるので龍の舞を持たせてサブの勝ち筋を作りに行けます。その場合は地震ではなく身代わり持ちが一般的。状態異常やPPを枯らしにいく動きも強力です。

参考記事一覧

カバラッキーマンダ

Pokémon-Icon 450.png Pokémon-Icon 113.png

カバルドンで物理をラッキーで特殊を受けます。ボーマンダはカバルドンとタイプ相性が、ラッキーと状態異常の面で相性がいいです。

ボーマンダが不利を取りがちなゲッコウガに対してラッキーを後だしする動きが強力です。受け構築なのでボーマンダの型はカミツルギやナットレイ、ジャローダ、ビビヨンを対策できる特殊型が主流。特に身代わり羽休め炎技を駆使してギルガルドに有利な択を仕掛けにいけます。カバラッキーの補完として採用されるポケモンです。

参考記事一覧

ブラマンダ

Pokémon-Icon 197.png Pokémon-Icon 485.png Pokémon-Icon 094m1 3DS.png

ブラッキー入りの並びとして有名。同時にナットドランの並びを形成していることが多いです。

ふうせん鬼火ステルスロックヒードランと食べ残し欠伸ねがいごとブラッキーでメガ進化ポケモンのお膳立てをします。ボーマンダはそれらのサポートを受けて龍の舞から全抜きの体制を取ります。
ボーマンダが受けに弱いので催眠術祟り目身代わりゲンガーを出すことで対策しています。

選出段階から大戦中まで押し付けられる選択肢の幅がとても広いです。そのため、同じブラマンダを使ってる人でも取ってくる行動が違うことも。パーティを見て型を一点読みできるほど有名なので予め対策を施しておくのもよいでしょう。

参考記事一覧

カバドリマンダ

Pokémon-Icon 450.png Pokémon-Icon 530.png

カバルドンで砂を起こしてから、特性:すなかきのドリュウズで素早さを2倍にして上から攻撃する構築です。

カバルドンとドリュウズが一般ポケモンなためメガ進化ポケモンを入れる余裕があります。そこで地面タイプ、格闘タイプ、炎タイプに強いメガボーマンダが採用されることが多いです。

カバルドンの起点づくりを活かせる龍の舞搭載の物理型、テッカグヤやナットレイ、サンダーなどが苦しい場合は場合は炎技や流星群を搭載した特殊型が採用されます。ドリュウズが特性:型破りの耐久型になっているケースもあります。偽装に気を付けましょう。

参考記事一覧

トノラグマンダ

Pokémon-Icon 186.pngPokémon-Icon 260m1 3DS.png

メガラグラージは特性:すいすいを持ち、雨状態であれば素早さ2倍で攻撃できます。トノラグは脱出ボタンニョロトノで雨を降らせつつ安全にメガラグラージを着地させる戦法です。メガ進化が被るのでメガラグラージやニョロトノと同時選出することは稀です。

トノラグの補完に入るポケモンとボーマンダの相性がよく、強力な裏のエースとして活躍します。起点を作るポケモンはいませんが、雨戦術を見せて起点を呼べるため竜の舞を搭載していることが多いです

参考記事一覧

ペリラグマンダ

Pokémon-Icon 279.pngPokémon-Icon 260m1 3DS.png

ペリラグにおいても裏選出のエースとして採用されます。重い草タイプとリザードンYに対して強力です。ペリラグは型の多さが魅力のパーティなのでボーマンダよ型も種類が豊富です。「両刀型」「どくどく+はねやすめ」「いじっぱりASりゅうのまい」「わんぱくHBベース型」などが採用されています。

詳しくはこちら!

おわりに

メガボーマンダは型ごとに構築が分類しやすいポケモンです。並びでの対策を心掛けていきましょう!

また、型ごとに強さが変わるポケモンです。選出段階で積極的に型を分析することで勝率もアップするはずです。

ここまでご覧いただきありがとうございました!