剣盾

【ポケモン剣盾】シリーズ2ルールで使用可能なキョダイマックスポケモンまとめ

シーズン2(S2)はキョダイマックス解禁!

 

ランクバトルシーズン2は「シリーズ2」ルールを適用し、一部キョダイマックスポケモンの使用が解禁されることがわかりました。シリーズは2〜3ヶ月で変わり、適宜どのシリーズのルールが適用されるか告知される模様です。

解禁されたポケモンについて詳細な効果と簡単な使用法についての考察をまとめていきます。

リザードン『キョダイゴクエン』

『キョダイゴクエン』はほのおタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。4ターンの間、相手全体の『ほのお』タイプ以外のポケモンに対して、毎ターン終了後最大HPの1/6のダメージを与えます。

通常のダイバーンと異なり天候を「晴れ」にすることはできないので注意が必要です!

現状、使用されているリザードンの多くはサンパワー型なので同様の使い方ではうまく機能しない可能性が高いです。ただ、1/6という永続ダメージはとても強力です。永続ダメージと相性の良い「みがわり×もうか」のような型は自然に組み込めるでしょう。特性「ひでり」を持つコータスやキュウコンとあわせても面白いと思います。なにより見た目がかっこいいのでうまく使いこなしたいですね。

バタフリー『キョダイコワク』

『キョダイコワク』はむしタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。相手全体を『どく』『まひ』『ねむり』状態のいずれかにします。

ランダムではありますが、どれも強力な状態異常です。「ねむりごな」とあわせて「ちょうのまい」を積んでいくことのできるバタフリーですが、攻撃しながら状態異常にできるため、今回のキョダイマックスの追加でさらに堅実な戦いができそうです。

ピカチュウ『キョダイバンライ』

『キョダイバンライ』はでんきタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。味方を含めた相手全体の『でんき』タイプ以外のポケモンを『まひ』状態にします。

地面タイプも「麻痺」状態にできる点がとても魅力的。堅実な起点作り役として活躍しそうです。
味方も含めた「全体攻撃」なのでダブルバトルでは注意が必要です。

ニャース『キョダイコバン』

キョダイコバンはノーマルタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。賞金が増える効果に加えて、相手全体を1~4ターンの間『こんらん』状態にする追加効果をもっています。

金策として馴染みのあるニャース。合計種族値が290ととても低く、対戦で活躍させるのは厳しいでしょう。

イーブイ『キョダイホーヨー』

キョダイホーヨーはノーマルタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。相手全体をメロメロ状態にする追加効果を持っています。メロメロ状態になると、50%の確率で相手は自分に攻撃できなくなります。

イーブイもニャース同様、種族値の低いポケモンです。バトンタッチをするなど、強化しなければ活躍させるのは難しいでしょう。

カビゴン『キョダイサイセイ』

キョダイサイセイはノーマルタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。バトル中に使用したきのみを50%確率で手に入れることができます。相手もきのみを手に入れることができるため注意が必要です。

バトル中に使用したきのみを攻撃しながら複数回使うことのできる非常に強力な技です。ダイマックス中は補助技が使用できないため、体力を30%回復するオボンのみとの相性はとても良いです。アッキのみなど自身にバフをかけるきのみを持たせても面白いかもしれません。

アーマーガア『キョダイフウゲキ』

キョダイフウゲキはひこうタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除します。

通常のダイジェットと異なり素早さは上がりません。シングルバトルでは受け寄りの型で使う場合には候補になるでしょう。ステルスロックを除去できる点は強力ですが、ダイマックスをエースポケモンに使用できなくなる点が現環境とは噛み合っていません。

カジリガメ『キョダイガンジン』

キョダイガンジンはみずタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。相手の場を『ステルスロック』状態にします。

通常のダイストリームと異なり天候を「雨」に変えることはできません。こちらもエースポケモンにダイマックスが使えなくなる点が難しいです。

サダイジャ『キョダイサジン』

キョダイサジンはじめんタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。相手全体を『すなじごく』状態にします。4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与えます。その間相手は逃げたり交代できません。

交換を封じる効果により、受け寄りの構築を一方的に処理できる可能性があります。ただ、環境TOPのアーマーガアなどの飛行タイプには無効なため、使用する場合には工夫が必要です。

マルヤクデ『キョダイヒャッカ』

キョダイヒャッカはほのおタイプの攻撃技のキョダイマックス技です。相手全体を『ほのおのうず』状態にします。4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与えます。その間相手は逃げたり交代できません。

こちらも、交換を封じる効果により、受け寄りの構築を一方的に処理できる可能性があります。炎わざは無効タイプがない(もらいび等は除く)点でキョダイサジンより使用しやすいと思います。ただ、マルヤクデは炎/虫タイプのポケモンなので環境に多い飛行技(ダイジェット)持ちのポケモンや、ステルスロック・岩石封じ・いわなだれ といった採用されやすい岩技持ちポケモンに不利をとります。出す構築は限定した方がよいでしょう。

まとめ

解禁されたキョダイマックスポケモンについて特徴をまとめてきました。

気になるポケモンや強い使い方を見つけた方はぜひポケカレのTwitterで教えてください。

ポケモンカレッジ|ポケカレ (@pokemon_college) | Twitter

フォローお待ちしています!