初心者向け

S16のスペシャルレートは「厨ポケ禁止」|トップメタと環境を考察!

こんにちは!みなさんはS16のレーティングバトル、スペシャルルール(通称スペレ)を既に遊びましたか?

オリジナルなパーティでいろんなポケモンを使える評判のルールです。

本記事はスペシャルのルールと環境の考察を行います!

スペレのルール

S16のスペレは通常のシングルレートのルールに加え、使用率上位のポケモンが使えなくなります

具体的には以下のポケモンです。

ロトム、ランドロス、ボルトロスはフォルムチェンジした個体も使えなくなります。

具体的には2019/5/28時点での1~30位が使えないルールです。そのためヤドラン、カイリュー、パルシェンなどがあまり採用率の高くないポケモンが禁止されている点にも注意が必要です。

上位禁止で何が変わる?

具体的に上位ポケモンを禁止すると対戦にどのような影響が出るのでしょう?

使えるメガ進化の変化

メガ進化はシングルバトルにおいて、常に環境の軸にありました。

リザードン、メタグロス、ボーマンダなどトップのメガ進化が使えないため別のメガ進化ポケモンが台頭するでしょう。

PGLより、人気のメガ進化ポケモンは以下の通りです。(6/23日時点,使用率50位以内)

Pokémon-Icon 282.png Pokémon-Icon 260.png Pokémon-Icon 214.pngPokémon-Icon 127 3DS.pngPokémon-Icon 428.png Pokémon-Icon 065 3DS.png Pokémon-Icon 308.png Pokémon-Icon 354.png Pokémon-Icon 334.png Pokémon-Icon 229.png Pokémon-Icon 381.png Pokémon-Icon 362.png

ラティオスとオニゴーリはメガストーン以外の持ち物が主流です。
ラグラージはメガ進化しない型もあるので注意しましょう。

採用率が低いメガ進化ポケモンも強力なスペックを持っています。色んなメガ進化ポケモンを考察してみてください!

タイプの偏り

ポケモンはタイプごとに個体数のバラつきがありますが、上位ポケモンが禁止されることにより更に偏りが生まれます。

主に、もともとポケモンの個体数が少ないタイプに偏りが産まれそうです。

でんきタイプ

攻撃面では地面タイプ以外に強く、防御面では飛行タイプを半減する役割を持っています。

人気が予測できるでんきタイプは以下の通りです。

Pokémon-Icon 135.png Pokémon-Icon 243.png Pokémon-Icon 310.png Pokémon-Icon 462.png Pokémon-Icon 796.png

地面タイプが効果抜群で入るポケモンたちばかりで、色んなポケモンの地震を警戒しながら動く必要がありそうです。

電気タイプの数が少ない環境だと構築に水タイプを採用しやすくなります。また、強力な飛行技を使うポケモンが強化されます。地震を仕込むことで電気タイプがある程度対策できるので、電気技を無効にするポケモンを入れる必要性が薄くなります。

はがねタイプ

フェアリータイプやドラゴンタイプなど受け辛いタイプの技に対抗できるタイプとして強力でした。

人気が予測できる鋼タイプは以下の通りです。

Pokémon-Icon 462.png Pokémon-Icon 805.png Pokémon-Icon 625.png Pokémon-Icon 707.png Pokémon-Icon 306.png Pokémon-Icon 601.png Pokémon-Icon 437.png Pokémon-Icon 395.png

鋼タイプと電気タイプは似ています。
1つめは地面タイプの技が抜群で入るという点。上記のポケモン達もドータクン以外、地面タイプの技が抜群で入ります。地面タイプの需要が更に上がりそうです。
2つめは飛行タイプを半減で受けられる点。鋼タイプも電気タイプも少ないと飛行タイプのポケモンが相対的に強化されます。

今まで鋼タイプで止まっていたポケモンが動きやすくなります。メガサーナイトやメガチルタリス、ラティオス、カプ・ブルルなど

ドラゴンタイプとフェアリータイプの技を半減できるという貴重な特徴を持っているので鋼タイプポケモンの需要は高そうです。しかし、数が少ないという制限上、構築を組む難易度は上がります。ドラゴンタイプやフェアリータイプの対策を鋼タイプに一任せず、鋼タイプの負担を和らげる工夫が必要そうです。

ゴーストタイプ

防御面では格闘タイプのポケモンを止めることが可能な貴重なタイプです。

人気が予測できるゴーストタイプは以下の通りです。

Pokémon-Icon 609.png Pokémon-Icon 354.pngPokémon-Icon 105a 3DS.pngPokémon-Icon 563.png Pokémon-Icon 302.png

後述する、このルールで強いとされるポケモン達に対して具体的なメタを張りにくいのでゴーストタイプの数は減りそうです。

ゴーストタイプが少なくなることでノーマルタイプと格闘タイプのポケモンが動きやすくなります。一方でゴーストタイプを半減する悪タイプの需要が減りそうです。

強力なストッパーの不在

通常のシングルレートでは、相手のやりたい戦術を止める役割のポケモンが上位に多くいました。

化けの皮を持つミミッキュは能力上昇や天候などで勝ちきりたい相手と害悪対策に強いです。吹き飛ばしカバルドンとくろいきりドヒドイデは能力上昇に対して。特性:威嚇を持つボーマンダ、ランドロス、ギャラドスもいなくなりました。特性で張れるフィールドがグラスフィールドだけになったため状態異常や先制技も強化されます。

強力なストッパーがいなくなって強くなったポケモンと新しいストッパーを予想していきます!

ジャラランガ

Pokémon-Icon 784.png

ジャラランガはミミッキュとカプ系のポケモンで対策するのが一般的でした。スペレではこれ以外のフェアリータイプのポケモンを入れる必要が出てきそうです。ジャラランガは対策をしていればそこまで脅威はありません。しかし、対策の方法される対象ということで環境に影響を与えることは間違いありません。

ジャラランガZを使われてもこだわりスカーフ持ちなどで上から倒すことでケアが出来ます。飛行タイプ、ドラゴンタイプ、エスパータイプのポケモンやマジカルシャインウツロイドなどに持たせるこだわりスカーフ。はやてのつばさファイアロー、すいすいキングドラなどケアをする方法は比較的多そうです。

天候パ

Pokémon-Icon 279.png Pokémon-Icon 186.png Pokémon-Icon 260.png Pokémon-Icon 230.png Pokémon-Icon 272.png Pokémon-Icon 324.png Pokémon-Icon 526.png Pokémon-Icon 038a 3DS.pngPokémon-Icon 028a 3DS.png

特性:すいすい、ようりょくそ、すなかき、ゆきかきなどを持つポケモン達で素早さを上げて畳みかける戦術です。これらの戦術に使えるポケモンはこのルールに残っています。

特に雨パから使えるポケモンが多く残っているので対策を施したいです。

タイプ相性以外での対策はファイアローやトリックルームを駆使する方法が考えられます。

状態異常

エレキフィールドとミストフィールドが特性で張られないため状態異常技が強化されました。

Pokémon-Icon 591.png Pokémon-Icon 666.png Pokémon-Icon 700.png

特に催眠技が使いやすい環境になったと言えます。モロバレルやビビヨン、ニンフィアの欠伸など。電磁波での起点づくりやどくびし戦術も使いやすくなります。

Pokémon-Icon 235.png Pokémon-Icon 224.png Pokémon-Icon 362.png Pokémon-Icon 609.png Pokémon-Icon 089a 3DS.pngPokémon-Icon 036 3DS.png

ムラッケを持つポケモンやちいさくなるを使えるポケモンが多いので害悪戦術をケアするためにも状態異常技には注意しましょう。ラムのみや防塵ゴーグルなどの需要が高まりそうです。

バトンタッチ

Pokémon-Icon 545.png Pokémon-Icon 133.png Pokémon-Icon 196.pngPokémon-Icon 426.png

能力を上昇してバトンタッチで引き継ぐ戦法です。前述した状態異常の強化と合わさりこちらも強力なものになりそうです。

このルールでバトンタッチを使ってくるであろうポケモンはペンドラー、イーブイ、フワライドなどが挙げられます。イーブイの専用Z技や影分身などは対策を施さないと一方的に負けてしまいます。

特性:てんねんのヌオーやピクシーが残っていること、上位のポケモンはいなくなったが相手が誰で対策してくるのか分からないことが、ジャラランガやハイパーボイスなど身代わり貫通技の存在がこの戦法を使う上でネックです。

新しいストッパーの台頭

前述した戦術が強化されると、それを対策する新しいストッパーが登場します。

能力上昇などの対策に気合のタスキを持ったポケモンが使われます。耐久力が低いポケモンの行動回数をケアできる強力な持ち物です。このルールではステルスロックを覚える強力なポケモンが少ない事、特性:すなおこしを持つポケモンがギガイアスだけなので気合のタスキが相対的に強化されます。気合のタスキと似た用途でこだわりスカーフも多くのポケモンの持ち物候補になりそうです。耐久力の低いポケモンの持ち物には警戒しましょう。

他には身代わりを始めとした害悪戦術の対策に音技。

Pokémon-Icon 663.png Pokémon-Icon 488.png Pokémon-Icon 354.png Pokémon-Icon 195.pngPokémon-Icon 036 3DS.pngPokémon-Icon 727.png Pokémon-Icon 398.png Pokémon-Icon 282.png Pokémon-Icon 065 3DS.png

能力上昇や天候パ対策としてこだわりスカーフや特性:はやての翼、トリックルームを使えるクレセリア・シャンデラ・ジュペッタ。能力上昇対策には特性:天然のヌオーやピクシー、特性:威嚇のガオガエンやムクホークも強力です。

天候パ対策には特性:トレースのサーナイトやメガフーディンも使えます。

今まで日の目を見なかった物理受けや特殊受けも活躍するかもしれません。受け構築対策にZを使う必要性が薄れたのでZ技も自由に使うことができそうですね!

スペレで強いポケモン

前述した戦術のポケモン以外のスペレで活躍できそうなポケモンを紹介します!

フェアリータイプ

Pokémon-Icon 282.png Pokémon-Icon 787.png Pokémon-Icon 730.png Pokémon-Icon 700.png Pokémon-Icon 334.png Pokémon-Icon 468.png Pokémon-Icon 547.png Pokémon-Icon 707.pngPokémon-Icon 036 3DS.pngなど

ジャラランガの対策が出来ます。フェアリータイプを受ける鋼タイプと炎タイプの選択肢が少なく環境的に追い風です。サーナイト、アシレーヌ、ニンフィア、チルタリスは身代わりなどを貫通して攻撃する技を持っています。エルフーンもアンコールで身代わりに対して対抗できます。

通常特性が特性で天候パの対策になり毒タイプへの対抗手段を持ったサーナイト、特性グラスフィールドを持ち雨パ対策になるカプ・ブルル、電気タイプが減り動きやすくなったアシレーヌ、通りのいい欠伸を使えるニンフィア、龍の舞と地震を持ち鋼タイプと毒タイプへの対抗手段を持ったチルタリスなど。

ひこうタイプ

Pokémon-Icon 398.pngPokémon-Icon 127 3DS.pngPokémon-Icon 468.png Pokémon-Icon 663.pngなど

電気タイプと鋼タイプの選択肢が少なく、相対的に強化されました。格闘タイプのジャラランガを上から倒せる点も魅力的です。威嚇を使えるムクホーク、状態異常と相性のいいトゲキッスなど、特性:はやての翼でストッパーになれるファイアロー、地震やインファイトと苦手への対抗策を持ったカイロスなど。

格闘タイプ

Pokémon-Icon 428.png Pokémon-Icon 214.png Pokémon-Icon 308.png Pokémon-Icon 784.png Pokémon-Icon 795.png Pokémon-Icon 794.pngなど

ミミッキュ、カプ系、ギルガルド、ボーマンダなど格闘タイプに強いポケモンが禁止されました。スペレではフェアリータイプや飛行タイプが強いと考察していますが十分なスペックを持った格闘タイプのポケモン達は活躍の目途がありそうです。

受けポケモンが禁止され技が通りやすくなったミミロップ、クレセリア合わせてトリックルーム展開が可能なヘラクロス、ゴーストタイプが減り通りの良くなったチャーレムとフェローチェ、高い物理耐久を持つマッシブーンなど。

おわりに

S16のスペシャルレートはバトルレボリューションやブラックホワイトのフリー対戦に似た環境で新鮮です。

新しいルールは全ての人が同じラインからスタートします。1から考察をして普段使わないポケモンで遊ぶことでこのゲームをより楽しむことができます。みなさんもぜひS16のスペシャルレートに潜りましょう!

ここまでご覧いただきありがとうございました!