コラム

S15最上位構築まとめ&考察【シングルレート】

シングルレートシーズン15のまとめ記事です。

気になる最上位プレイヤーの構築記事をまとめました。

6月22日(土)に開催されるBoss Rushの出場可能ラインである1位〜30位までを考察してみました。

※記事のある構築・プレイヤーのみを本記事の対象とさせていただきました。

・Boss Rushについてはこちら
【第3回Boss Rush】開催のお知らせ

PGLランキング

【1位〜10位】

【11位〜20位】

【21位〜30位】

S15記事まとめ&考察

5位 2150pt あおもり


【S15】研ぎ澄ますギルガルド & 防塵ゴーグルクレセリア 【最終2150&5位】

図太いポリゴン2 + 穏やかドヒドイデ + 食べ残しドリュウズ
といった受け回しを軸に相性の良いミミロップをメガシンカ枠として採用しているようです。

記事タイトルにもある通り、研ぎ澄ますを持ったギルガルドと防塵ゴーグルを持ったクレセリアが採用されています。

研ぎ澄ますは次のターンの技を確定で急所にする技です。Z技を強化することで汎用性を持たせつつ多くの高耐久ポケモンを倒すことができます。

防塵ゴーグルを持ったクレセリアはどくどくと眠るを採用しており、苦手なポケモンに最大限のメタを貼ったポケモンになっています。

基本軸が安定していたからこそ、あまり採用されない技やアイテムを使いながら勝つことができたのだと思います。

8位 2144pt roshi

     
【シングルS15使用構築】マンダガルド【最終2144 8位】

roshiさんは長い間安定して好成績を収めているプレイヤーです。

ゴツメカバルドン + 生意気ポリゴン2 + メガボーマンダ
受け回しを基本軸とし、Zクリスタルを持ったカプ・レヒレ、ギルガルドによって崩し面をカバーしています。

ミミッキュは積みポケモンや相手のミミッキュに強い、気合の襷持ちです。

基本軸で難しいポケモンを相手してもらうことで勝率に貢献していたのだと思います。

9位 2143pt たま

     
【s14 s15 使用構築】究極ミミラキ天然コントロール

古参受けルーパーであるたまさんの構築です。S14も同様の構築で12位を記録しています。

受けループにうまくミミッキュを取り込めており、7世代受けループの理想形だと思います。

オフ大会BattleFrontier2ndでも対戦参加180人中予選13位という好成績を収めていらっしゃいます。

15位 2126pt ぴう

     
【S15使用構築】グロスマンダポリグライ【最終2126-15位】

図太いポリゴン2 + 慎重グライオン + メガメタグロス or 両刀メガボーマンダ
受け回しを軸にスカーフゲッコウガとミミZミミッキュを加えた形の構築です。

対面的な選出も可能な点が魅力的です。

17位 2125pt T

     
S15 詰ませサイクル 2125 17位

守るを採用したメガゲンガーを中心としたサイクル構築です。

ミミッキュには気合の襷を持たせており、積みポケモンや対面的な構築に対する動きやすさを重視しているようです。

ドレインパンチを採用している点も注目です。

21位 2122 ほ

    
【USM S15使用構築】偽装幻惑ラティアスクチート【最高最終2122 21位】

クチートスタンの理想形である5匹に加え、苦手なポケモンに対するケアとしてミラータイプを持ったラティアスを採用している構築です。

カプ・レヒレ、霊獣ボルトロス、霊獣ランドロス、ゲッコウガはどれもカスタマイズ性能が高く、ミスリードが狙える点も優秀であると感じました。

ミスリードを狙うことも戦略として重要であると知ることができる素晴らしいだと思います。

24位 2121pt るきあ

     
S15 パワー全開!!マンマンガルド!最高最終2121

ファイヤー使いで有名なるきあさんの構築です。

いわゆるマンダマンムーと呼ばれる並びです。とても汎用的で理想形だと思います。

7世代ではそこまで多くない並びですがまだまだ強力であることが伺えました。

26位 2118pt しらす

     
【USM S15使用構築】老人ホームガルクレセドラン【最高最終2118 26位】

6世代からのファンが多いガルクレセドランの並びです。

特にクレセリアには絶妙なバランスの耐久調整が施されていて、身代わりも採用されています。

これによって安定したプレイングができたことが伺えます。

 27位 2118 BB

     
S15 最高/最終2118 27位 卍型リザグロス

メガシンカ枠としてメガメタグロスに加え、メガリザードンYを採用した対面構築です。

全体的に環境を読みきった調整がされていると感じました。

28位 2115 サックー

     
S15最高/最終2115 幻惑ラティアスクチートβ

S14最終4位のサックーさんの構築。

ほとんど構築を公開している状態から勝てることからも本人の強さを伺い知れます。

弱点保険を持ったラティアスにも注目です。

29位 2114 もっち

  
【S15使用構築】最高最終2114 進撃の脳死ヤミヌケ ~絶対に影踏みキャッチしたいマン vs 絶対にキャッチされたくないマン~

ヤミヌケと呼ばれるメガヤミラミとヌケニンを軸とした受けループです。

水Zで採用されているゲッコウガには奮い立てるが入っており、崩しの中枢を担っていることがわかります。

30位 2113pt そら

     
S15使用構築 【最高最終2113/30位】百花繚乱サザングロス

サザングロスと呼ばれる並びです。

タイプ相性で補完されており、極めてスタンダードな美しい構成になっています。

タイプ補完でまわすサイクルもさることながら、メタグロス + ホルードによって対面的な選出も可能にしています。

物理受けにはゴツゴツメットを持った 特性:静電気 のサンダーが採用されています。入手難易度の高いポケモンなので気になる方はぜひリンク先のQRレンタルチームを使用してみましょう!

まとめ

S15はS14に比べてかなりデフレしていました。

対戦面ではソード・シールドの情報が発表され、新環境でメガシンカやZ技が使えないことが判明しました。

環境面での発見は少なく、自分の得意な構築を使い続けるプレイヤーが多かった印象です。

次のシーズンであるS16は最後のシーズンになるとも言われているので人口は多くなりそうです。

 

30位以降の記事やその他のシーズンの記事などはぽけっとふぁんくしょん!をチェック!

→ USUM S15シングル 上位構築記事まとめ|ぽけっとふぁんくしょん!