初心者向け

ドサイドン、ガチ考察|育成論と魅力を解説

ドサイドンの基本情報

Datei:PGL-Artwork Rihornior.png

図鑑ナンバー

No.464

タイプ

じめん/いわ

特性

ハードロック:効果抜群の技で受けるダメージを3/4に軽減する
ひらいしん:でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
すてみ:反動を受ける技の威力が1.2倍になる(隠れ特性)

体重

282.8kg(けたぐり・くさむすびの威力120)

ドサイドンの種族値

ドサイドンのタイプ相性

ばつぐん(4倍) みず/くさ
ばつぐん(2倍) こおり/かくとう/じめん/はがね
ふつう(1倍) エスパー/むし/ゴースト/ドラゴン/あく/フェアリー
いまひとつ(1/2) ノーマル/ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/4) どく
こうかなし でんき

 

ドサイドンとは?

高い物理火力と耐久を持つ鈍足高火力アタッカー。
じめん+いわの一致攻撃範囲が広く、サブウェポンも豊富です。

弱点は多いものの特性「ハードロック」でカバーでき、物理技なら一致弱点でも多くの攻撃を耐えます。特殊耐久も弱点とZ技でなければ多くの技を耐え、十分な耐久力を持ちます。

半減以下に出来るタイプも魅力です。特にほのお、ひこう、でんきタイプに強いポケモンは多くありません。
ドサイドンはでんきタイプに強いでんき技無効ポケモンです。じめん技が効かないでんきタイプをいわわざで倒すことができます。

メジャーなメガ進化ポケモンに強いです。相手の弱点を突いて一撃で倒す場合とドサイドンに有効な技がない場合が多いです。

ロックブラストはドサイドンを象徴する技です。連続技なので相手の身代わりや化けの皮、きあいのタスキを剥がした後にダメージを与えられます。いわゆる害悪戦術に対する貴重な対抗手段になります。

得手不得手がはっきりとしていて、役割を持たせやすいポケモンです。ドサイドンでなければ果たせない強みも多くあり、パーティーの穴を埋めてくれます。

育成論①:がんせきほうZ型

オススメ度

 ★★★★★

持ち物

イワZ

性格

いじっぱり

技構成

確定技:がんせきほう/じしん
優先技:つるぎのまい/ロックブラスト

努力値調整

努力値調整は特徴的な型以外、最後にまとめて掲載します。
基本的にはHAとお考え下さい。

がんせきほうZ型の解説

岩石砲はギガインパクトのいわタイプ版です。威力150の強力な攻撃を放つかわりに次のターン動けなくなります。
岩石砲にイワZを適用することで威力200、デメリットなしの超高性能の技になります。
更に剣の舞で攻撃を上げればメガヤドランさえもZ岩石砲で倒すことができます。
トリックルームと併用することで多くのポケモンを一撃で倒すことができるでしょう。
Z技としての性能は申し分ない岩石砲ですが、それ以外では隙を晒しやすい技です。ドサイドンの豊富なサブウェポンを1つ減らしてしまう欠点があります。

育成論②:じしんZ型

オススメ度

 ★★★★★

持ち物

じめんZ

性格

いじっぱり

技構成

確定技:じしん
優先技:つるぎのまい/ロックブラスト

じしんZ型の解説

ドサイドンはメガメタグロスのアイアンヘッドを耐えますが、返しのじしんで倒すことができません。そこでじめんZが活躍します。
また、後だししてきたカプ・レヒレに致命的なダメージを与えます。
メガゲンガーと対面した際、相手は守るか鬼火を使ってきます。守るであればじめんZでメガゲンガーのHPを大きく減らすことができます。鬼火であれば相手のメガゲンガーを倒せます。
じめんZ型はドヒドイデ、ヌオー、ナットレイ、カバルドンに対して強いです。ドヒドイデ以外のポケモンは物理耐久が高いのでドサイドンに対して後だししてきます。
ドヒドイデは通常の地震を耐えるので居座ってくる場合が多いです、じめんZで意表を突きましょう。ヌオーは特性てんねんで剣の舞の意味がありません。地震+Zじしんで倒しましょう。ナットレイとカバルドンは剣の舞とZじしんで倒せます。素早さはカバルドンを抜いておきましょう。

育成論③:弱点保険型

オススメ度

 ★★★★☆

持ち物

じゃくてんほけん

性格

いじっぱり

技構成

優先技:じしん/ロックブラスト/つるぎのまい

弱点保険型の解説

メガ進化ポケモンに対して強くなる点が魅力です。
メガメタグロスは通常の地震で倒せませんが弱点保険が発動すれば倒すことができます。
多くのメガボーマンダ、メガバンギラス、メガガルーラは有効打がじしんだけなので効果抜群を受けて倒せます。
メガミミロップとメガバシャーモよとび膝蹴り、メガルカリオのインファイト、メガクチートのアイアンヘッドも耐えて返しの地震で倒せます。
メガリザードンYのソーラービーム、メガゲンガーのエナジーボールと鬼火+たたりめ、メガルカリオのラスターカノンは耐えることができません。注意しましょう。
ランドロスの地震を耐えてれいとうパンチ、ゲッコウガのれいとうビームを耐えて地震、オニゴーリのフリーズドライを耐えてロックブラストなど。多くの効果抜群技を耐えるので確認しておきましょう。
弱点保険型も受けポケモンを倒すのに十分な性能を持ちます。ドヒドイデの熱湯、グライオンとカバルドンの地震、ポリゴン2とクレセリアの冷凍ビーム、テッカグヤのヘビーボンバーが弱点保険発動のトリガーです。Z技を使わずに受けを崩せる点も魅力です。

育成論④:メタルバーストステロ型

オススメ度

 ★★★☆☆

持ち物

きあいのタスキ

性格

いじっぱり

調整

AS

技構成

確定技:メタルバースト/ステルスロック
優先技:じしん/ロックブラスト

メタルバーストステロ型の解説

メタルバーストで相手を倒すかステルスロックを撒くかのどちらかを押し付けます。
ドサイドンは有利不利がはっきりと別れているポケモンです。相手が交換してくるか攻撃してくるか分かりやすく、交換してきそうならステルスロックを攻撃してきそうならメタルバーストを選択できます。ソーラービームをもったリザードンも怖くありません。
ステルスロックを読まれて挑発を打たれることもないので撒きやすいです。
欠点は初手でしか出しにくい点と相手に依存している点です。
素早さが遅いためメタルバーストで相手を倒してもステルスロックは撒けません。ゲッコウガなど、相手もきあいのタスキを持っていた場合は劣勢に立たされます。

育成論⑤:物理受け型

オススメ度

 ★★★☆☆

持ち物

半分回復木の実/ゴツゴツメット

性格

わんぱく
※調整は後述しています。

技構成

優先技:じしん/ロックブラスト
選択技:ステルスロック/メタルバースト/れいとうパンチなど

物理受け型ドサイドンの解説

圧倒的物理耐久を持ちます。特化ミミッキュの+2ぽかぼかフレンドタイムを耐えるのはもちろん、効果抜群ながら霊獣ランドロスのじしんや陽気メガメタグロスのアイアンヘッドを2発耐えます。持ち物はガルーラに強くしたいならゴツゴツメット、それ以外なら半分回復木の実をおススメします。多くの技を2発耐えるので半分回復木の実と相性がいいです。メガボーマンダの流星群に対しても強くなります。
欠点は火力が著しく下がることです。効果抜群をとっても倒せない場合が多いでしょう。対策としてメタルバーストをおススメします。ドサイドンはHPが高いので相性もいいです。
耐久ポケモンには無抵抗です。つのドリルやどくどく、ステルスロックを採用してもいいかもしれません。

育成論⑥:とつげきチョッキ型

オススメ度

 ★★☆☆☆

持ち物

とつげきチョッキ

性格

いじっぱり

技構成

優先技:じしん/ロックブラスト/メタルバースト

とつげきチョッキ型の解説

ドサイドンは特殊Z技が苦手です。
アーゴヨンのZ流星群、ギルガルドのZシャドーボール、こだわりメガネ持ちカプ・テテフのサイコキネシスで一撃で倒されてしまいます。また、電気タイプの使う草結びやエナジーボールも一撃で倒されてしまいます。
とつげきチョッキ型はそれを防いで返り討ちにできます。
また、メガルカリオのラスターカノンとメガゲンガーのたたりめを状態異常のときに耐えます。メガボーマンダの流星群もダメージを抑えることが出来ます。
欠点は剣の舞やZ技がないため物理受けに弱くなる点、本来有利であったメガ進化ポケモンに攻撃を耐えられてしまう点です。
HPが少しでも削られてしまうと、とつげきチョッキ型でも倒されてしまいます。HPを満タン近くに保っておく必要がある、という点で扱いの難しいポケモンです。

ちなみに特殊防御を最大まで上げると水タイプのなみのりやメガリザードンYのソーラービームまで耐えてしまいます。

育成論⑦:ロックカット型

オススメ度

 ★★☆☆☆

持ち物

じゃくてんほけん

性格

ようき

調整

AS(ロックカットで130族抜き)

技構成

確定技:ロックカット
優先技:じしん/つるぎのまい/れいとうパンチ

ロックカット型の解説

ドサイドンは最速にしてロックカットをすることでカプ・コケコやメガゲンガーまで抜くことができます。ロックカット前では無振りメガフシギバナまで抜けます。じめん/いわタイプは効果抜群を突きやすいので上手く能力上昇できれば試合を決めることもできるでしょう。
また、最速にすることでロックカットがない状態でも多くのギルガルドやメガクチートを抜くことができます。
懸念点は耐久力が落ちる点です。ロックカットをしてもミミッキュを倒せず返しで倒されるかもしれません。また、ゲッコウガの水手裏剣も驚異です。こだわりスカーフ持ちのポケモンにも抜かれてしまいます。霊獣ランドロスにも弱くなってしまいます。メジャーな一般ポケモンに強くない点がこの型の弱点です。

育成論⑧:役割論理型

オススメ度

 ★★☆☆☆

持ち物

こだわりハチマキなど

性格

いじっぱり

技構成

確定技:じしん/ストーンエッジ
選択技:れいとうパンチ/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/ロックブラスト/ばかぢから/メガホーン

役割論理型の解説

役割論理は威力の高い攻撃技だけで構成されたポケモンで戦う戦術です。その爽快感から古くから親しまれています。
こだわりハチマキを持たせれば本来一撃で倒せないメガメタグロス、メガガルーラ、メガボーマンダに弱点を突いて倒せます。その場合は半減以下で受けられないよう注意しましょう。じめん/いわ技の2つを受けることは難しいですが、どちらも半減以下で受けられることが多いので打ち分けできないと隙を見せやすいです。
剣の舞を持てないので受けポケモンを崩すことは諦め、技範囲を広げて不意を突きましょう。

ドサイドンの耐久!調整はどうするべき?

覚えておきたいドサイドンの耐久ラインを掲載します。特性:ハードロックで弱点が3/4ダメージになっている点に注意しましょう。

物理耐久(H244振り)

  • 特化ミミッキュの+2シャドークローZ耐え.
  • 特化メガボーマンダの+2地震耐え
  • 特化メガクチートのアイアンヘッド耐え
  • 特化メガバシャーモのとび膝蹴り耐え
  • 特化バンギラスの+1かみくだくZ耐え
  • 特化ギャラドスの滝登り耐え
  • 無振りカバルドンの地震2耐え
  • 特化メガガルーラのグロパン⇒地震確定耐え
  • 特化マンムーの地面Z 50%
  • 特化フェローチェの珠飛び膝蹴り37.5%
  • 特化ギルガルドのアイアンヘッドZ 43.8%
  • 不一致+2イカサマ 43.4%

HP244振りで大抵の攻撃を耐えてしまいます。HP252でないのは実数値を奇数にするためです。

特殊耐久(H244+D12振り)

  • 無振りオニゴーリのフリーズドライ2耐え
  • 無振りポリゴン2のれいとうビーム2耐え
  • 特化霊獣ボルトロスの+2めざ氷 12.5%
  • 176ウルガモスのギガドレイン 25%
  • メガゲンガーの気合玉 25%
  • 無振りスイクンの熱湯 25%
  • ゲッコウガの一致珠れいとうビーム 37.5%
  • 特化カプテテフのフィールドサイキネ 37.5%
  • 特化ポリゴンZの+1れいとうビーム 43.8%

特殊耐久もH244振りで大抵耐えてしまいます。しかし物理耐久よりは確率面が不安です。HPか攻撃を削って特殊耐久に割り当ててもよいでしょう。

カバルドン抜き

207(132)-205(216)-150-67-88(100)-68(60)
いじっぱり
特防に努力値を多めに割くことでカプ・テテフのサイコキネシスを効率よく耐えます。素早さと最低限の特防を確保しながら攻撃力も上げられる調整です。

わんぱく物理受け型

221(248)-161(4)-193(204)-67-82(52)-60
わんぱく

  • 特化ミミッキュの+2ぽかぼかフレンドタイム確定耐え
  • 特化マンムーのZじしん耐え
  • 特化ギルガルドのZアイアンヘッド耐え
  • ようきA252メガメタグロスのアイアンヘッド確定2発耐え
  • 特化霊獣ランドロスのじしん確定2発耐え
  • 特化メガボーマンダの+1じしん確定2発耐え
  • ようきA252カミツルギのリーフブレード確定耐え
  • 特化マリルリのアクアブレイク確定耐え
  • 特化メガリザードンの+2げきりん確定耐え

ドサイドンはトリル下で強い!

ドサイドンはトリックルーム下で性能を発揮できます。カバルドンより遅く、ドヒドイデより早いくらいの丁度いい素早さです。
特にメガ進化ポケモンに強く、有利な盤面を作って相手のメガ進化ポケモンもろとも制圧することは可能です。トリックルーム要員はクレセリアと相性がいいです。効果抜群の格闘タイプと地面タイプを無効にしつつ、高耐久ながらも回復手段のないドサイドンを三日月の舞で回復してくれます。
欠点としてはメジャーな一般ポケモンに弱いことです。ゲッコウガの水手裏剣、カプ・レヒレに攻撃を耐えられて一撃で倒される、ミミッキュの化けの皮でトリックルームのターンを消費される、ランドロスに威嚇を入れられ攻撃も通りにくい、カバルドンやナットレイに受けられるなど。トリックルームドサイドンは主軸にせず、相手を見て使用するのがよいでしょう。

ドサイドンのおススメ技構成は?

攻撃技

  • じしん…じめんタイプの主力技、メガメタグロスを一撃で倒すためには火力上昇の手段が必要
  • ロックブラスト…連続技、岩技の中では命中が高い。オニゴーリ、ビビヨンの対策になる。きあいのタスキやマルチスケイル、ミミッキュの化けの皮にも強い
  • ストーンエッジ…役割論理型やロックカット型では威力の安定しないロックブラストより有用
  • がんせきほう…イワZを使用する場合。ZがんせきほうはH252カプ・レヒレを確定1発、攻撃+2なら防御特化のメガヤドランを60%で倒せる
  • がんせきふうじ…威力は低いが命中は高い。きあいのタスキ型であれば起点づくりもできる
  • れいとうパンチ…ボーマンダ、ランドロス、グライオンに対して。カバルドンとボーマンダのどちらにも通るので重宝する。
  • ほのおのパンチ…ナットレイとカミツルギに対して。カミツルギには交換を読んで使いたい。
  • かみなりパンチ…水タイプに交換読みで使う。ゲッコウガは60%で倒せる。
  • ばかぢから…ガルーラ、ポリゴン2、カビゴン、ナットレイに対して。
  • アームハンマー…馬鹿力に威力が劣るがデメリットがなく連発できる。
  • メタルバースト…とつげきチョッキ型や物理受け型は攻撃力がないため有用。カウンターも覚える。
  • つのドリル…とつげきチョッキ型や物理受け型に。技スペースが余ったら入れてもいいがドサイドンは基本的に余ることはない。

補助技

  • つるぎのまい…受けポケモンを倒せるようになりドサイドンの役割が一気に広がる。
  • ステルスロック…じめん/いわタイプの技範囲が優秀なためサブウェポンがいらない場合がある。困った時に入れておくと初手で有利対面を取った時に使えて便利。
  • どくどく…ポリゴン2やヌオー、ヤドランなどに毒を入れることができる。

ドサイドンで受けループを対策しよう!

ドサイドンは剣の舞を持つことで受けループ対策の一匹として使えます。素早さが遅いのでドサイドン一匹で受けループに勝てるわけではありませんが十分半壊させることができます。特にZ技を使わなくても崩しに加担できる点も優秀です。
タイプでは不利なテッカグヤのヘビーボンバーは効果抜群ですがドサイドンの体重が重いため全く入りません。身代わりを使うグライオンにもロックブラストやれいとうパンチで対抗できます。ドヒドイデやヌオーの熱湯は4倍ですが特性により耐えます。
受けループにいるポケモンでドサイドンが苦手なポケモンをは以下の通りです。

  • エアームド…+2Zがんせきほうを特性:がんじょうで耐えられてしまいます。その後に回復されると厄介です。はねやすめを使ったターンはじしんが通る点を覚えておきましょう。
  • ヌオー…特性:てんねんにより剣の舞の能力上昇を無効にしてきます。Zじしん+じしんで倒すことができます。
  • モロバレル…つるぎのまいをしていない状態で対面するときのこのほうしで眠らされてしまいます。
  • ゲンガー…多くの場合、みちづれで1-1交換を狙ってきます。催眠術+たたりめ、鬼火+たたりめでゲンガーを倒せない場合もあります。

ドサイドンは対面構築に入る?

ドサイドンは対面構築のような動かし方をするポケモンです。受けられにくい技範囲と火力で目の前にいる相手に通る技を選択していきます。しかし、有利不利がはっきりしているポケモンなので苦手な相手が来た時の引き先を用意する必要があります。更にドサイドンはHPが満タンの状態に耐える調整の攻撃が多く、電気タイプとメガボーマンダ以外に後出しがしにくいです。
よって、対面構築に入れる場合もそうでない場合も引き先になるクッションのようなポケモンを用意する必要があります。

ドサイドンはメガ進化に強い!

ドサイドンは多くのメガ進化ポケモンに対面で勝つことができます。個別に相性を見ていきましょう。

ボーマンダ 〇

ドサイドンはボーマンダに対して強いですが必ず勝てるというわけではありません。警戒するべきは流星群と地震です。
調整にもよりますが、ドサイドンはHPが少しでも削れていると流星群を耐えません。特殊ボーマンダを受けられるポケモンを用意するとよいでしょう。
H252振りの場合、攻撃力が一段階上がったじしんは半分から6割程度のダメージが入ります。ステルスロックなどで少しずつ削られてじしんでやられないよう注意しましょう。
カバマンダガルドに対してはどのポケモンにも不利を取りにくいため強力です。

メタグロス 〇

弱点保険、じめんZ、こだわりハチマキの何れかの型であればメガメタグロスを一撃で倒すことができます。しかし、アイアンヘッドで怯んでしまう点と後出しが出来ない点に注意しましょう。
ヒトムグロスレヒレに対してはメタグロスとヒートロトムの2匹に対面で勝つことができます。

リザードン △

メガリザードンYの場合、ソーラービームを常に警戒しなくてはいけません。メガリザードンXの場合も物理受け型でない限り後出しは出来ないうえ、せっかく対面を作っても後ろに引かれてしまいます。
岩タイプなので多少の牽制はできますがドサイドンでリザードンを倒す場面は少ないです。
きあいのタスキを持たせたり、トリックルームを活用するとよいでしょう。

ゲンガー △

H252振りだけできあいだまを耐えることができます。しかしとつげきチョッキ型でない限り状態異常状態のたたりめを耐えることができません。滅びの歌型は一番初めにまもるを使ってきます。そこに剣の舞を合わせると効果的です。相手は道連れを選んでくるので1-1交換が狙えます。

ガルーラ 〇

メガガルーラの特性:おやこあいが入った地震を2発耐えます。イワZ型のZがんせきほうかじゃくてんほけん型の+2じしんで大体のメガガルーラを倒せます。グロウパンチとじしんのどちらも持っている型でないかぎり後出しも安定します。後ろにいる霊獣ランドロスに特性:いかくで攻撃力を下げられるとガルーラの突破が厳しくなります。交換をよんで攻撃するのもよいでしょう。

バシャーモ 〇

H252振りだけでメガバシャーモのとびひざげりを耐えます。劣勢の際は相手のまもるを読んで繰り出すこともできます。クサZを持ったバシャーモに気を付けましょう。

ルカリオ △

HP満タンであれば物理型のインファイトを耐えます。しかし特殊型のラスターカノンは突撃チョッキ型でない限り耐えません。型がどちらか分からない状況で、ドサイドンを出すべきではないでしょう。

ミミロップ △

H252振りでとびひざげりを耐えることができます。返しで倒せる攻撃は弱点保険で攻撃力が上がった場合のじしん、Zじしん、アームハンマー、メタルバーストです。猫だまし読みかおんがえし読みで後出しできますが身代わりを打たれた場合はとび膝蹴り2回で倒されてしまいます。後ろのポケモンに交換される場合も少なくないのでドサイドンでミミロップを倒せる場面は少ないです。

総評

ドサイドンはメガ進化ポケモンに対面で有利な場合が多いです。相手視点で有利不利の判断が付きにくいためこちらのやりたい事も通しやすいです。上手くメガ進化ポケモンと対面させるように立ち回りましょう。

ドサイドンはミミッキュなどに強い?

ドサイドンはミミッキュなどのメジャーなポケモンに対して強いのでしょうか。一部のポケモンを取り上げて相性を見ていきます。

ミミッキュ

H252振りでれば+2Zシャドークローを耐えますがぽかぼかフレンドタイムは耐えません。そのため、物理受け型以外は後出しできません。きあいのタスキ型や身代わり呪い型に対しては強力です。
ロックブラストで化けの皮を剥がしたあとに攻撃することができます。相手が耐久無振りの場合、5発当たれば倒すことができます。
ミミッキュが苦手なわけではありませんが、後出しするのは危険でしょう。

ギルガルド

基本的にギルガルドのほうが早いので上からの攻撃に怯える必要があります。とつげきチョッキ型ならばゴーストZを、物理受け型ならハガネZを耐えることができます。シールド状態のギルガルドをじしんで倒すことが出来ないのでどくどく⇒キングシールドで粘られてシャドーボールで倒される可能性もあります。Zを消費している、弱点保険型である場合にはドサイドンで勝つことができます。型をしっかり読むことが大切です。

ゲッコウガ

ドサイドンが苦手な水タイプのポケモンです。水技やくさむすびを耐えることは出来ませんがいのちのたまれいとうビームであれば耐えることができます。
ゲッコウガはじしんを耐えるだけの耐久値を持っているので無理やり後出しされるかもしれません。トリックルームから制圧したいですが水手裏剣を警戒する必要があります。
ゲッコウガに強いポケモンを必ず構築に入れておきましょう。

キノガッサ

ドサイドンはキノガッサに手も足も出ません。低耐久のポケモンですがじしんとロックブラストが半減なので後出しされて眠らされる恐れもあります。相手はドサイドンの対面で剣の舞かキノコの胞子か自由に技を選択できます。他のポケモンで必ずキノガッサ対策をしておきましょう。

ナットレイ

ドサイドンは素早さが遅いのでジャイロボールが全く入りません。その間に剣の舞を使えば宿り木の種を使われても倒しきることができます。しかし、タネマシンガンやパワーウィップを持っている可能性があり、その場合は倒されてしまいます。
ばかぢからやアームハンマー、ほのおのパンチがあれば更に有利になります。

ボルトロス

ドサイドンは電気タイプに強いので霊獣ボルトロスにも有利です。きあいだまとわるだくみ後のめざめるパワーをH252振りだけで耐えることができます。しかし草結びとかくとうZは耐えません。型が分からない状態で対面したら一度交換しましょう。相手も交換してきたらそのボルトロスはドサイドンに有効打がおそらくありません。強気に後出ししていけます。

総評

一般ポケモンに対しては型が分かっていれば有利か不利か判断できる、という状況が多いです。型を判断するための交換先を用意しておくとよいでしょう。草タイプと水タイプの対策は必須です。