育成論・対策

ミミッキュの育成論を徹底解説!おすすめの型紹介・調整も

今回はシングル環境を語るには欠かせない使用率No.1ポケモン「ミミッキュ」の育成論(調整)をまとめてご紹介します。

 

ミミッキュの基本情報

タイプ

ゴースト/フェアリー

特性

ばけのかわ

体重

0.7kg (けたぐり・くさむすびの威力:20)

種族値

タイプ相性

ばつぐん(4倍)
ばつぐん(2倍) ゴースト/はがね
ふつう(1倍) ほのお/みず/でんき/くさ/こおり/どく/じめん/ひこう/エスパー/いわ/あく/フェアリー
いまひとつ(1/2)
いまひとつ(1/4) むし
こうかなし ノーマル/かくとう/ドラゴン

 

ミミッキュとは?

特性:ばけのかわ を用いた対面性能

特性であるばけのかわは戦闘中に一度だけどんな攻撃技でも無効化することができます。

自分より速い相手にはZ技+かげうち、自分より遅い相手にはつるぎのまい+Z技というようにどんなポケモンでも満遍なく相手することができます。

また、受けに回る相手を のろい や みがわり といった定数ダメージによって削る戦い方もできるため、型が多く対策が難しいという点でとても優秀です。

よく使われる技

ぽかぼかフレンドタイム(じゃれつく×ミミッキュZ)

フェアリー 物理 威力:190 接触

ゴーストZとは違い接触技です。

無限暗夜への誘い(シャドークロー×ゴーストZ)

ゴースト 物理 威力:140 非接触

じゃれつく

フェアリー 物理 威力:90 命中率:90 PP:10

10%の確率で相手の攻撃ランクを1段階下げます。

シャドークロー

ゴースト 物理 威力:70 命中率:100 PP:15

急所ランク+1の技です。1/6の確率で急所に当たります。

かげうち

ゴースト 物理 威力:40 命中率:100 PP:30

優先度+1の先制技です。

つるぎのまい

変化 PP:20

攻撃ランクを2段階上げる技です。ばけのかわによって確実に積むことができるため相性抜群です。

のろい(ゴーストタイプ)

変化 PP:10

自分のHPを最大HPの半分減らして相手をのろい状態にする技です。のろい状態になると毎ターンHPが1/4づつ削られます。

毎ターンダメージを与えるため、1匹で居座り続けるバトンタッチ構築やオニゴーリの対策としてとても有効な技です。

遺伝技なので育成するときは注意しましょう。

みがわり

変化 PP:10

自身のHPを最大HPの1/4だけ減らしてみがわり状態にします。みがわり状態では音系の技など一部の攻撃を除き、相手の攻撃をみがわりに受けさせることができます。

いたみわけ

変化 PP:20

自分の場と相手の場のポケモンの残りHPをそれぞれその平均値にします。

のろい や みがわり でHPを消費した後に使うととても強力です。

その他

攻撃技:ドレインパンチ・ウッドハンマー・まとわりつく
変化技:おにび・ちょうはつ・でんじは・トリックルーム・みちづれ など

採用率は低いですがどれも強力な技なので注意しておきましょう。

育成論①:ASゴーストZ/ミミッキュZ型

オススメ度

 ★★★★★

持ち物

ゴーストZ/ミミッキュZ

性格

意地っ張り

技構成

確定技:じゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい

努力値・調整

調整例:131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)

ASゴーストZ/ミミッキュZ型の解説

ゴーストZやミミッキュZを持たせた型です。エースであり崩しもできる非常に汎用的な型です。

Z技を持たせることでかげうちと併せて多くのポケモンに対して対面で勝つことができます。

ミミッキュZ型はポリゴン2やカビゴンといったノーマルタイプ、カバルドンや霊獣ランドロスといった地面タイプの高耐久ポケモンに有効です。

ゴーストZ型は等倍範囲が広く、特にミミッキュZ型が苦手な鋼タイプ物理受けに通るため非常に強力です。

最も使われている型なので対応できるようにしておきましょう。

育成論②:きあいのタスキ型

オススメ度

 ★★★★★

持ち物

きあいのタスキ

性格

意地っ張り or 陽気

技構成

確定技:じゃれつく/かげうち/つるぎのまい

優先技:シャドークロー

選択技:ドレインパンチ

努力値・調整

調整例:131(4)-156(252)-100-*-125-148(252) ※意地っ張り

きあいのタスキ型解説

きあいのタスキを持たせた型です。

ばけのかわがない状態を一撃で倒してくる相手に強いほか、ミミッキュ同士の対面で強い型として使われています。後者の場合は陽気で使われることもあります。

積んできた相手に対してその行動回数を活かして止める役割を持ちます。

育成論③:耐久振りミミッキュZ(ABミミッキュ)型

オススメ度

 ★★★★★

持ち物

ミミッキュZ

性格

意地っ張り

技構成

確定技:じゃれつく/かげうち
候補技:シャドクロー/つるぎのまい/のろい/トリックルーム など

努力値・調整

調整例:155(196)-143(156)-119(148)-*-126(4)-117(4)

・意地メガバシャーモ(252振り)のフレアドライブを93.8%耐える

耐久振りミミッキュZ(ABミミッキュ)型解説

ばけのかわがない状態でも相手の攻撃を1発耐えられるようにした型です。

一般的にはABミミッキュと呼ばれています。

ギャラドスやボーマンダ、バシャーモ等のメガシンカポケモンを意識してミミッキュZを持たせています。切り返し性能に特化させたトリックルームと呪いを持たせた型も強力です。

のろいを入れることでバトン構築やオニゴーリの対策としても有用です。

育成論④:のろいみがわりミミッキュ

オススメ度

★★★★★

持ち物

ミミッキュZorゴーストZ

性格

陽気

技構成

優先技:じゃれつくorシャドークロー/のろい/みがわり/いたみわけ

努力値・調整

調整例:131(4)-141(244)-101(4)-*-126(4)-162(252)

・控えめカプ・レヒレ(252振り)の凍える風を身代わりが93.8%耐える

のろいみがわりミミッキュ型

のろい・みがわり・いたみわけ を持たせた型です。

自分より素早さの低い相手を
のろい → みがわり → いたみわけ
一方的に削ることができるため素早さの低い受けループなどに有効な型です。

また、のろいが自然に入る構成なのでバトン構築やオニゴーリの対策を自然にすることができるという点で優れています。

フェアリーZはストッパーとしての役割が強化され、呪いを絡めない戦い方ができます。ゴーストZはZのろいを使うことでHPが全回復するので耐久ポケモンに対して更に場持ちします。

育成論⑤:耐久振りゴーストZ

オススメ度

 ★★★★☆

持ち物

ゴーストZ

性格

意地っ張り

技構成

優先技:シャドークロー/じゃれつく/つるぎのまい/かげうち
候補技:のろい/トリックルーム など

調整例①:161(244)-154(236)-102(12)-*-126(4)-118(12)
調整例②:159(228)-155(244)-103(20)-*-126(4)-118(12) ※HP:16n-1

・陽気メガギャラドス(252振り)のランク+1滝登りを93.8%で耐える

耐久振りゴーストZ型解説

ゴーストZを持たせて打ち合い範囲を広くした型です。

ミミッキュZを持たせたABミミッキュとは違い、物理耐久を下げています。

育成論①②のような素早いミミッキュには不利をとるので注意が必要です。

育成論⑥:シャドボZミミッキュ型

オススメ度

★★★☆☆

持ち物

ゴーストZ

性格

臆病

技構成

優先技:シャドーボール/のろい/みがわり/いたみわけ

努力値・調整

調整例:161(244)-*-101(4)-71(4)-126(4)-162(252) ※A個体値0推奨

・みがわりがタイプ不一致イカサマを耐える (19.2~22.9%)

シャドボZミミッキュ型解説

のろいみがわり型 の特殊バージョンです。

みがわりがイカサマを耐える他、メタグロスや物理受けポケモンに大きく削りを入れることができます。

Z呪いはHPを全回復する効果を持ちます。HPが半分以下になっても呪いで居座れるため、相手のプランを崩すことができます。

ノーマルタイプには打点のない型なので注意しましょう。

育成論⑦:起点作り型

オススメ度

 ★★☆☆☆

持ち物

半分回復きのみ(混乱実) or こうかくレンズ

性格

陽気

技構成

候補技:じゃれつく/おにび/でんじは/のろい など

努力値・調整

調整例:161(244)-111(4)-101(4)-*-126(4)-162(252)

起点作り型解説

初手に出しておにびやでんじは等の状態異常を絡めて後続のポケモンの起点(竜の舞や蝶の舞、身代わりをする隙)を作成します。

行動回数を増やすための混乱実やおにび・でんじは等の命中率を上げることのできるこうかくレンズを持たせた型が一般的です。

関連記事