剣盾

【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの対策法をトッププレイヤーが解説

ポケモンソードシールドのシングルランク戦(ランクマ)でのポケモン「サニーゴ(ガラルのすがた)」の対策をまとめてご紹介します。

サニーゴ(ガラル)の基本情報

種族値
HP 60
こうげき 55
ぼうぎょ 100
とくこう 65
とくぼう 100 タイプ
すばやさ 30

きせきHB物理受けの型が主流

サニーゴは、「しんかのきせき」の効果を生かした、物理受けの型が多く使われています。わざ構成は、「おにび」「ちからをすいとる」を採用したものが多く、ドリュウズ、ギャラドスなどの物理アタッカーを無力化して来るため、非常に厄介です。

【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの育成論と調整ポケモンソードシールドのシングルランク戦(ランクマ)でのポケモン「サニーゴ(ガラルのすがた)」の育成論(調整)をまとめてご紹介します。 ...

サニーゴ(ガラル)の対策

特殊ゴーストorあくタイプ

 など

ドラパルト、ギルガルド、サザンドラなどが有効です。環境のきせきサニーゴのほとんどがHBなため、とくぼう方面に関しては、耐久が脆いです。高火力な特殊の弱点技で大ダメージを与えるのは有効な手段と言えるでしょう。ただし、これらのポケモンをを採用する場合、特防が高いニンフィアなどのポケモンがいる場合が多いため注意が必要です。

みがわり・ちょうはつ持ち

 など

きせきサニーゴの性能のほとんどが補助技依存なため、「みがわり」や「ちょうはつ」で無力化します。「ちょうはつ」を覚えるポケモンは多く、例えばギャラドスが挙げられます。
「ちょうはつ」を覚えるポケモン一覧 – ポケモン徹底攻略

また、ノーマルタイプあるいはHP実数値204以上のポケモンの「みがわり」の場合、「ナイトヘッド」でもみがわりを破壊できないため、PTがどうしてもサニーゴを誘うorサニーゴが環境に多い場合、このような対策を講じてみるのも手でしょう。

ミミッキュ

ゴーストタイプの技で弱点をつけるため、ダイマックスをすることで突破をすることが可能です。ただし、ダイマックスをしなければ、サニーゴを突破できないためドヒドイデなどの受けポケモンを絡めて、ダイマックスターンを消費されてしまうことがあります。そうなれば、サニーゴで受けきることはできるので立ち回りには注意が必要です。

もうどく状態

    など

受けポケモンについて全般について言えることですが、もうどく状態にされると回復が間に合わなくなり、受けることが難しくなります。そのため「どくどく」や「どくびし」を覚えるポケモンは苦手です。

例えば、ドヒドイデは、サニーゴ側からの打点がとぼしく、またPPの切らし合いになったとしても負けてしまいます。サニーゴは、耐久型のポケモンには不利であることが多いでしょう。

一撃必殺技

   など

ドリュウズの「じわれ」やオニゴーリの「ぜったいれいど」など一撃必殺技は処理の遅いガラルサニーゴ入りの受け回しにとても有効です。同じ一撃必殺技でも「つのドリル」と「ハサミギロチン」は無効なので注意が必要です。

とくせい「こんじょう」

など
とくせい「こんじょう」は、状態異常になると攻撃が1.5倍になるとくせいです。サニーゴの「おにび」を逆に利用することで意表をつけるかもしれません。また、「こんじょう」カイリキー、タチフサグマは、「はたきおとす」でしんかのきせきを無効化できるので、とても優秀です。

のろわれボディに注意

ガラルサニーゴの隠れ特性(夢特性)は「のろわれボディ」です。のろわれボディは30%の確率で3ターンの間、最後に使用した技を使えなくする という効果です。メイン打点以外の技が打点にならない場合には注意が必要です。

まとめ

対策は意外と簡単なので、パーティに組み込むことは難しくないと思います。サニーゴが重い場合は検討してみてはどうでしょうか。

【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの育成論と調整ポケモンソードシールドのシングルランク戦(ランクマ)でのポケモン「サニーゴ(ガラルのすがた)」の育成論(調整)をまとめてご紹介します。 ...

ポケカレ図鑑